男性のEDには、男性向けサプリのペニソールや数々のED治療薬などがあります。
そのなかでもバイアグラは男性のED治療薬として有名です。
バイアグラに含まれる成分としてはシルデナフィルで、シルデナフィルは性機能が低下しているペニスの勃起をしやすくするための効果があります。
これによりセックスに必要な勃起の維持をサポートしてくれます。
一方で女性にもEDと似たような症状があります。女性の場合にはEDではなくFSDと呼ばれるものです。
FSDは日本語訳では女性性機能障害と呼ばれるもので、セックスをすることに対する恐怖心やセックス時の痛み、また快感を得ることができないといった広範囲の症状を指します。

このような症状を改善させる方法のひとつとして女性用バイアグラがあります。女性用バイアグラは男性用と同じくシルデナフィルからなっており効果として感度を上げることができます。

女性用バイアグラの驚きの効果

驚いてる女性 FSD(女性性機能障害)そのものはさまざまな原因があり重症化していると簡単には解決することができないものですが時間や女性用バイアグラなどの医薬品の力を借りれば改善することができます。
ただしFSDの中でもとりわけ性のトラウマによる心因性の場合には考え方を変える必要があり治療としてはカウンセリングなどが中心になります。
一方でFSDでも、もともと正常なセックスが出来ていたにも関わらずいつの頃からか感じにくくなった場合や、何らかの理由によってセックスをするさいに必要な愛液が十分に分泌されないといった場合には、器質的に性機能の低下が考えられます。
愛液に関してはローションなどの補助を使えば問題ありませんが愛液の分泌量の低下は感度の低下でもあり感じにくくなっている証拠といえます。
また心因性でも仕事や家庭環境のストレス、食事や運動不足、喫煙・飲酒などの生活習慣などによって気分が抑制されると女性器の機能が低下して快感を得られにくくなります。
このように女性器の性機能の低下を改善するには女性用バイアグラが効果があります。

女性用バイアグラの役目としては女性器の感度を上げることであり、生殖行為としてではなくレクリエーションやコミュニケーションとしてのセックスを行うために高い効果を得ることができます。
また生殖行為においても愛液の分泌が少なく痛みを感じるといった場合にはそれらを改善することができます。
これまでも媚薬とも呼ばれるものが存在していましたが、媚薬では性的興奮を高めることが目的で女性器の機能を改善する効果はありません。
しかし女性用バイアグラは女性器の機能改善が目的で効果が認められているものが女性用バイアグラと呼ばれます。
また男性用バイアグラを服用しても同じような効果を得ることができますが、男性用バイアグラはあくまでも男性向けに作られているものであり、使用するのであれば、女性用として製造開発された女性用バイアグラを利用することがトラブルを避ける上でも大切です。

女性用バイアグラといっても実際のところバイアグラの名称で売られているわけではありません。
女性用バイアグラは男性用のバイアグラを服用したら女性器の機能を高めることにも効果があったことから、女性器の機能を高める医薬品を通称として女性用バイアグラと呼ぶようになったものです。
このため女性用バイアグラといっても成分も薬ごとに異なってきますが、総じて女性器の感度を高めることができ医薬品として承認されているものが女性用バイアグラと呼ばれています。

男性と女性との作用の違いとは

男性の場合にはこのPDE-5の分泌が抑制されることでペニスへの血流が良くなり勃起がしやすくなり、またそれを維持できる効果があります。
一方で女性の場合にはPDE-5の分泌が抑制されることでクリトリスが勃起しやすいようになります。
クリトリスは女性器に備わる小さな突起ですが男性器のペニスに相当します。

大きさは3センチから5センチと小さなもので男性器と同じく海綿体組織であり通常は引き込んでいますが性的興奮を受けることで男性器同様に勃起し快感を感じることになります。
クリトリスの勃起をおこりやすくすることで少しの性的興奮をさらに高める効果を得ることができます。
また女性用バイアグラはクリトリスだけでなく女性器そのものの血管を拡張させることによって血行促進を高めることができます。
これらの効果によってクリトリスや外陰部の感度を高め女性が快感を得られやすくすることができますし、また女性器周辺の血行促進によって愛液の分泌が促されて濡れやすくなりセックス時の痛みを大幅に軽減することができます。
このような効果によりスムーズなセックスをしやすくすることが可能になりFSDの改善に繋がります。

女性用バイアグラの主な副作用

食事 女性用バイアグラの服用方法は含まれている成分によって異なりますが、男性用バイアグラと同じシルデナフィルの場合には性行為の半時間前から1時間前に服用することで効果が現れます。
ただしシルデナフィルは食事の影響を受けやすいとされ食後に服用すると十分に体内に成分が吸収されません。
このため空腹時の服用が一番効果があります。
なお効果そのものは5時間程度持続するので食事を取ってからセックスに望みたい場合には食事の1時間前に服用すると十分な効果を得られます。
頓服薬なのでいつでも服用が可能ですが24時間以上の間隔を空けることが体内のシルデナフィルの濃度を濃くしないためにも大切です。
またシルデナフィルはグレープフルーツなどに含まれるフクロマリンと一緒に摂取することは禁忌とされています。

女性用バイアグラはあくまでも女性器の機能を改善することが目的で男性用バイアグラと同様に性的刺激や興奮を得られなければ作用が発現することはありません。
また性欲を高めるというのはプラシーボ効果になります。
ただどのような薬でも効くと思わなければ効果が得られないことも知られているので服用するさいには一定の思い込みも重要になります。
このほか精力剤ではありませんから体力を高めるといったこともできませんので、女性用バイアグラを服用する場合には健康である必要があります。

一方で女性用バイアグラにも副作用のリスクがあります。
女性用バイアグラの副作用は男性用バイアグラと同じで頭痛、ほてり、めまい、鼻が詰まりやすくなる、動悸、胃痛、消化不良などが報告されています。
これらの副作用が起こる理由としては頭痛、ほてり、めまい、鼻が詰まりやすくなる、動悸は血行促進によるものです。
また消化器系の作用は吸収が上手く行かないことで発生します。
ただこれらの副作用は市販されている風邪薬と同じ程度でほとんど気にする必要がありませんし体内から有効成分が抜けると副作用も治まります。
また風邪薬などと異なり連用しなければ効果が得られないわけではありませんから副作用はそれほど気にするものではありません。

ただし女性用バイアグラでも注意しなければならないのが併用禁忌薬です。
併用禁忌薬とは同時に飲むと重大な副作用をもたらすもので有効成分のシルデナフィルの場合には硝酸薬及びNO供与薬があり、ニトログリセリン、硝酸イソソルビド、一硝酸イソソルビド、ニコランジル、ニプラジロール、ニトロプルシド、 亜硝酸アミルなどが対象になっています。
これらの成分が体内にある状態で服用すると降圧作用を増強する可能性があり心臓への負担が高くなったり、また脳への血行が阻害されて失神などを引き起こします。
このため日常的に薬を服用している場合には併用禁忌薬に注意する必要があります。
また妊娠中や18歳未満の女性は服用が禁じられています。

なお、女性用バイアグラは国内では販売されていませんし、バイアグラを製造しているファイザーも女性用のものは販売していません。
このため世の中に出回っている女性用バイアグラは男性用バイアグラをそのまま利用したものやジェネリックとして女性用として販売しているものが中心です。
国内では製造されていないため女性用バイアグラを手に入れるためには海外で生産されているものを購入することになります。
購入そのものはインターネットを利用し個人輸入業者を使えば国内のネットショップと同様に手軽に行うことが可能です。

もちろん男性用バイアグラでも同様の効果を得られますが女性用として販売されているものがより高い効果を得られます。
一方で海外からの輸入医薬品には偽薬も混在している可能性があります。効果が得られないだけでなく身体に害を及ぼすものもあります。
このため個人輸入をするさいには成分分析などを行っている信頼できる業者である必要があります。

日本人は女性用バイアグラ50mgで十分効果あり

日本人女性 男性用バイアグラの場合にもこの単位は同様ですがこれらは日本人の場合には50mgで十分な効果を得られるため国内で製造されているバイアグラは50mgが上限となっています。
シルデナフィルが100mg含まれているものを手に入れようとした場合には海外からの個人輸入に頼ることになります。
また軽度な症状であれば25mgでも性器機能を改善するのに十分な効果を発揮します。

これはシルデナフィルはアメリカで開発された薬であり、そもそもの使用が大柄の欧米人が対象であるためです。
欧米人の場合には体格も大きいので100mgは服用しなければ十分な効果を得ることができませんが、小柄な日本人の場合にはその半分の50mgで十分です。
ただ欧米人なみに身体が大きい人は50mgでは十分な結果が出ない場合もあります。
また軽度であったりより小柄な体格であれば25mgでも十分ですし、もし最初に服用するのであれば薬との相性を知るために少ない量から試してみるのが良いでしょう。
大量に飲むと副作用が出やすくなりますし、また副作用も強くなります。

特に副作用では心臓への負担や失神といった重篤なものもあり、いきなり服用するよりも少量からスタートし副作用が出ないことを確認しながら行うことで無用なトラブルを避けることができます。
特にセックス時のトラブルがトラウマとなってFSDになることもあるため可能な限りトラブルは避ける必要があります。
またセックスではパートナーとの信頼関係も大切ですから黙って服用するよりは話し合って服用した方が良いケースもあります。

薬価はどのくらい?

一方で購入するさいには成分を多く含んでいるものほど安価になります。
バイアグラの場合には1錠あたり50mgが1800円、25mgが1500円がEDクリニックで処方される相場の薬価です。
このように含まれている成分が半分になったからといって価格も半分になるわけではありませんから、少しでも費用を抑えたいと考えた場合にはシルデナフィルの含有量の多い50mgのものを購入しピルカッターで半分に割って服用することで1回あたりの費用を抑えることができます。

また女性用バイアグラでも同様ですが、シルデナフィルを含むバイアグラが1錠1500円から1800円というのは国内のクリニックで処方された場合であり、またそれらバイアグラも国内生産されたものです。
海外で生産されているジェネリックの場合にはより安価に提供されており4錠セットで1200円程度で1錠あたり300円程度と非常に安価です。
また欧米人向けに作られているので含まれている成分もシルデナフィルであれば100mgが中心です。
このため海外から個人輸入する場合には100mgをピルカッターで半分にすることで費用を抑えることができ1回あたり150円程度で使用することができます。

いずれにしても服用することによって女性性機能障害(FSD)の改善が期待できます。
特に生殖器の抑制を引き起こすPDE-5の分泌を抑えることで女性器そのものの感度がよくなりますし、軽い心因性のFSDであればPDE-5の分泌、つまり生殖器の抑制行動を抑えることで、快感を知ることができ満足なセックスが出来ればFSDも大幅にFSDの改善が図られます。

また同時に性的興奮を受けることで増えるcGMP(環状グアノシン一リン酸)を維持することによって女性器周辺の血行促進が図られ愛液の分泌が高まりますしまた筋肉が弛緩することでも痛みなどを軽減することができます。
このような複合的な作用によりセックスをしやすくし、さらに愛液の分泌を増やすことで痛みを軽減して正常なセックスを行うことが可能になります。