リレンザはタミフルより安全な薬

リレンザはタミフルと同様にインフルエンザを治療する薬として世界中で使用されていますが、その注目するべきポイントとなるのはタミフルよりも安全性に優れていることでしょう。 もちろんタミフルも適切な管理によって処方されていれば安全性の高い薬であると言えるのですが、日本では過去に子どもがタミフルを服用した際に異常行動を引き起こして死亡するという事故が発生した事例があります。 この事例があるために現在タミフルは10代以下の子どもに対して処方することが出来ないと規定されており、子どもがインフルエンザにかかったとしても使用することが出来ないのです。 この点においてリレンザは10代の子どもでも処方して良い薬として扱われていますから、10代以下の子どもに対する安全性の高さということではタミフルよりも優れているのです。 ただ少々注意したいのはリレンザが錠剤ではなく吸入薬である点です。 専用の吸入器を使って吸入して期間に薬の有効成分を届けるというのがリレンザの仕組みであるため、子どもによっては使用の際にかなりの抵抗感を感じることがあります。 また中には吸入する際に苦しいということで飲むのを嫌がってしまうケースがありますから、この点については医師と良く話し合っておくことが必要でしょう。 ちなみに効果の出方はタミフルと少々異なりますが、最終的な効果であるインフルエンザウイルスの増殖を食い止めて回復を早めるといったことについてはほとんど変わりません。 器官に付着したインフルエンザウイルスに対して効果的ということを考えるとタミフルよりも感染初期段階で使用することが望ましい薬であると考えられますが、現状ではタミフルが10代以下の子どもに処方できないことを考えると、子どものインフルエンザ 薬の切り札がリレンザだと考えて良いでしょう。

リレンザは小さな子供には不向き

インフルエンザに感染すると、治療薬として処方される薬の中にリレンザというお薬があります。従来、飲み薬である抗インフルエンザウィルス薬とは違い、吸入タイプのお薬です。 内服ではないため、全身作用がなく安全であり、また、従来の抗インフルエンザウィルス薬に耐性を持ったインフルエンザウィルスが出現している中、薬が効かない事例も多くなってきていますが、リレンザに対しての耐性をもつウィルスの報告は今現在、なされていません。効き目という点では第一選択にもなりえる薬でしょう。 ですがこの薬、小さな子供のには不向きという欠点があります。なぜなら、専用の吸入器を使用し「吸う」ことで内服する薬だからです。 吸う力自体は、ジュースをストローで飲むことが出来れば問題ないほどの微力なもので問題ありませんが、小さな子供には「吸う」ことと「吹く」ことを混同しやすく、「吸って」と教えても「吹いて」しまうことが非常に多いため、内服が困難となるのです。 「吸う」ことで呼吸器に直接働きかけるリレンザの粉末は微々たるもので、「吹いて」しまうと一瞬で吹き飛びやり直しはききません。また、子供は何かとよだれが多いものですが、吸うために口をつける部分の吸入口によだれが付着してしまうと、吸い込んだ時に薬が呼吸器までいかず、よだれで濡れてしまっている部分で吸収され、体内に十分に効き目があるほどの薬を吸引出来ないという希有もあります。 そのため、効き目に関しては問題なくとも、吸うということを理解できない幼い子供、「吹いて」しまう子供にはリレンザは不向きとなってしまいます。同様の理由で、知的障害者の方や、認知症の重いお年寄りにも使用が難しいことがあります。どうしても小さな子供にリレンザを内服させたい場合、普段「吸う」ことが出来ている子供に使用する場合は、一度薬剤を入れず専用のカートリッジで練習をさせると良いでしょう。

リレンザは使用後、1日半ほどで体が回復する

インフルエンザは冬になると毎年のように流行するのですが、インフルエンザにかかってしまった場合は治療薬で治すことになるでしょう。病院ではさまざまな薬が処方されるため、それぞれの特徴を知っておくことが大切です。リレンザはインフルエンザに効果があるということですが、タミフルとはどのように違うのかよく分からないという人もいるかもしれません。リレンザはインフルエンザに感染して48時間以内に服用を開始することにより、高い効果を発揮するということです。何も服用しない場合と比べて1日半~3日程度早くインフルエンザが治ると言われています。ちなみに、インフルエンザによる症状をできるだけ早く治したいという場合、決められた方法を守って正しく服用する必要があります。また、48時間を過ぎて服用した場合は効果が出ないこともあるので注意しましょう。リレンザはインフルエンザウイルスのA型やB型に対して効果を得られるということですが、C型に対しては効果が出ないということです。リレンザはインフルエンザウイルスの予防にも効果がありますし、インフルエンザ患者と同居している人などが服用するのもおすすめです。ちなみに、リレンザは持ち運びしやすいというメリットがありますし、水が不要なので外出先でも気軽に服用することができるのです。インフルエンザに感染した場合、リレンザを5日間服用することが大切です。症状が軽くなったからということで服用をやめてしまった場合、体の中に残っているインフルエンザウイルスが再び増殖してしまうこともあります。そこで熱が下がっても最後まで飲み切ることが大切であり、効果をしっかり実感することができるでしょう。

トップページへ