インフルエンザの症状である鼻水とリレンザでの治療

日本では、冬に毎年のように流行感冒症が見られます。その流行感冒症とはインフルエンザの感染を指します。日本で何故、冬にインフルエンザの感染が見られるかと言うと、日本の冬は気温が急激に低下し、摂取0℃以下となってしまいます。すると空気の激しい乾燥が見られ、湿度が急激に低下してしまいます。湿度が50パーセントを切ると、インフルエンザのウイルスは非常に活発に活動する様になり、人間への侵入のリスクも非常に高くなります。また冬は寒さのあまり、人間の全身の血行なども悪くなり、免疫力や抵抗力が低下します。するとより一層インフルエンザのウイルスが人体に侵入しやすくなり、感染が頻繁に見られます。インフルエンザに感染してしまうと24時間から72時間程度の潜伏期間を経て、次第に激しい症状に見舞われることになります。鼻水の分泌が増えたり、咳、くしゃみのほか、下痢や嘔吐もあらわれはじめます。最も激しい症状は40度近くの高熱であり、それによって日常生活がままならなくなります。インフルエンザの治療は、一般的な風邪薬や頓服で治療することはできません。インフルエンザの治療には専門の治療薬である、リレンザやタミフルで治療する必要があります。これらの薬は肺でのインフルエンザウイルスの増殖を抑制することで治療することが可能です。市販の風邪薬には、インフルエンザウイルスの増殖を抑制することはできません。しかしリレンザやタミフルは薬局やドラッグストアでは市販されていません。そのためこれらの薬は医療機関で診察を受けて、医師の処方箋を貰う必要があります。健康保険適応で薬を商法してもらうことができます。治療にはこれらの薬を飲み、一種間程隔離した部屋で療養することが大事です。

トップページへ