ラブグラは女性が使える精力剤?

カップ麺を食べる女性 年齢を重ねる中で精力というのは落ちていくものです。
それに最近は仕事で忙しく疲れている方・ストレスを感じている方も多く忙しいからと食事も外食やインスタント食品やコンビニ食中心で乱れていることから、若いのにすでに精力減退という方も少なくはありません。
そのためEDに悩む男性は老若通して多く男性用ED治療薬を使用している方も多いでしょう。これは男性だけの問題ではありません。
女性だって仕事に育児に忙しいですし、無茶なダイエットで栄養が偏ってしまっている方もいます。女性の場合は濡れにくくなります。
そうなると性行為をしても痛いだけで気持ちよくありません。絶頂不全の状態が続き、やがては不感症に陥るケースだってあるのです。

人にとって性行為というのは単に子孫を残すための手段というだけでなくパートナーとのコミュニケーションのためにも大切です。
もっと性的欲求を高めて不感症を改善したいというのであれば女性用のバイアグラ・ラブグラがおすすめです。

ラブグラは錠剤タイプのお薬です。性行為をする1時間ほど前に1錠服用することで、膣内と外陰への血流の流れが改善されます。
その結果、濡れやすくなり、性交中の性的快感も高まるため性的欲求も高まり絶頂不全で悩むことはなくなります。
気持ちよく、興奮し高揚感ももたらされるためパートナーとの性行為がより楽しめるようになるでしょう。
男性にとっては挿入もですが、相手が喜んでくれることも自身の喜びになります。

ラブグラは、インドの大手製薬会社アジャンタファーマの製造する薬で日本では認可されていないため、インターネットを通じて個人輸入により手に入れることになります。
女性だって性行為を楽しむべきです。ラブグラで精力アップを図るようにしましょう。
頭痛・腹痛・鼻づまりなどの副作用は報告されているもののどれも軽度です。きちんとしたサイトから購入して、正しく使用すれば恐れることはありません。

ラブグラは男性用バイアグラの成分と一緒

男性用ED治療薬といえば有名なのはバイアグラですが、実はラブグラはその成分がバイアグラと一緒です。

バイアグラ・ラブグラともに有効成分はシルデナフィルなのです。
シルデナフィルは、もともとは狭心症の治療薬として研究・開発されていた成分なのですが、服用することで血管拡張を促進してくれる作用があり、陰茎の勃起に役立つことが分かってからそちらの方面で活躍するようになりました。
女性も血流の流れ改善は膣内の潤いや性的快感のアップに良い効果を与えてくれます。
精力増強剤ではないものの、使用することで絶頂不全や不感症が改善されるのです。

男性用・女性用とも同じシルデナフィルを主成分としており、しかもラブグラの方が低価格のため男女で一緒に服用する方もいるかもしれません。
ただ、やはり女性のために作られた薬ですから男性が服用してもきちんと作用はしてくれません。
ある程度は男性用バイアグラのように血液の循環は改善されて勃起力はアップするものの、バイアグラと比べて効果が弱く、むしろ女性以上に副作用が強く出る傾向にあるためやめておいた方が賢明です。
男性はバイアグラを、女性はラブグラをそれぞれに服用するようにしましょう。

性行為を楽しむのはいいですが、望まない時期に妊娠してしまっては大変です。ラブグラはピルの効果に影響を与えることはありません。
たとえ併用しても副作用が強く出てくる心配はないので、ピルで避妊をしながらラブグラで精力剤効果を高めて、しっかり楽しめるようにしましょう。
バイアグラと同じようにグレープフルーツやアルコールとの併用は効果を弱めてしまうので避けた方がよいです。
食事も脂っこいものは特に成分の吸収率が低くなってしまいます。