リレンザと掃除で眠気のくるインフルエンザを予防

インフルエンザに感染した場合、リレンザやタミフルなど抗インフルエンザ薬を服用します。ウイルスは鼻の粘膜や喉の粘膜で増殖する特徴がありますが、リレンザは薬を吸入するため直接ウイルスに働きかけることができます。
リレンザはタミフルと異なり薬を専用の容器にセットし、1日2回吸入する薬です。そのため、吸い込むことが難しい5歳以下の子どもには処方されません。また、気管支喘息や喘息といった疾患がある場合、リレンザを吸入する前に、気管支の薬を吸入する必要があります。うまく吸入できないと、薬の効果を十分に得ることができないので、服用時は様々なことに注意する必要があります。
ですが、耐性ウイルスはまだ見つかっておらず、副作用も少ないため、安全性が高い薬になっています。
リレンザの副作用には下痢や嘔吐、悪心、発疹などがあります。重篤な場合は呼吸困難や血圧低下、多形紅斑などがあります。重篤な副作用が出ることはほとんどないですが、何かおかしいと感じたらすぐに医療機関に相談をするようにします。
なお、リレンザを吸入しても眠気が起こることはありません。眠気があるのは、インフルエンザに感染したことによる反応の可能性が高いです。
家族内にインフルエンザ患者がいる場合、部屋の掃除をしてよいのか悩みますが、感染しないよう気を付けながら、換気などを積極的に行います。インフルエンザウイルスは乾いた冷たい空気を好むので、1時間に1回から2回5分程度窓をあけ、ウイルスが部屋に充満しないようにします。換気後は加湿器などを用いて湿度を保つようにしましょう。ウイルスは水分を含み、床にたまりやすいので、定期的に掃除機をかけるのも良いです。

トップページへ