女性バイアグラの購入方法は簡単!

ネット通販 女性用バイアグラはネット通販を利用して購入する必要があります。一般的な病院では処方していないので注意が必要です。
ネット通販は誰にも知られることなく女性用バイアグラを個人輸入できるというメリットがあります。
男性用バイアグラと同様に、有効成分としてシルデナフィルが含まれています。

シルデナフィルの日本における特許は2014年に満了しました。そのため日本国内でも男性用バイアグラのジェネリック医薬品が製造・販売されています。
女性用バイアグラについては国内で製造されていないため、海外から個人輸入する必要があります。
個人輸入の手続を代行しているネット通販サイトを利用すれば、他の人に知られず恥ずかしくないので便利です。

女性用バイアグラはインドの製薬会社によって製造・販売されています。ネット通販でまとめ買いすればコストを抑えることができます。
男性用バイアグラは50mgの場合、1錠あたりの価格が1200円から1350円ほどです。100mgの場合は1300円から1450円ほどとされます。
ネット通販で購入できる女性用バイアグラは100mgのものが1錠あたり300円ほどです。

男性用バイアグラのジェネリック医薬品も、ネット通販サイトでは50mgや100mgのものが1錠あたり300円から450円ほどで購入できます。
基本的にどれも有効成分は同じなので、同様の効果が得られます。
ネット通販サイトでまとめ買いすればコストが抑えられて便利ですが、副作用などが心配な場合には医師に相談するのが合理的です。

シルデナフィルには性器周辺の血管を拡張して血流量を増加させる効果があり、男性の場合にはペニスが勃起しやすくなります。
女性に対する効果が医学的に実証されたわけではありませんが、ペニスとクリトリスは同じ構造を持っています。
また女性の性器周辺への血流量が増加すると、膣分泌液が増加するので性行為がスムーズに行えるようになるとされます。

購入が恥ずかしいと思ったらネット通販が便利

ネット通販は誰にも知られずに女性用バイアグラを購入できるので、恥ずかしくないというメリットがあります。またまとめ買いすればコストを抑えることができるので合理的です。
女性用バイアグラは一般的な病院では処方していないので、個人輸入を代行している通販サイトを利用して購入する必要があります。

有効成分のシルデナフィルには頭痛やほてり、鼻詰まり、めまいなどの副作用が存在します。
またシルデナフィルには血管拡張作用があるので、硝酸剤など血圧と関係する医薬品との併用が禁止されます。
高血圧や低血圧を患っている場合や、心臓疾患や肝臓障害などがある場合も服用できません。
シルデナフィルは食事の影響を受けて効果が弱くなるので、なるべく空腹時に服用する必要があります。

副作用は基本的に血管拡張作用に起因する軽度なものですが、異常を感じたら服用を止めて医師に相談するのが合理的です。
女性用バイアグラは100mgの錠剤で販売されています。100mgでは多過ぎる場合にはピルカッターで半分や4分の1にしてから使用することもできます。

シルデナフィルは直接的に性欲を高める成分ではなく、性器周辺の血流量を増加させ間接的に作用します。
女性に対する効果が研究によって実証されたわけではありませんが、実際に多くの女性が服用して一定の効果を感じています。
女性用バイアグラはインドの製薬会社が製造し輸出しているものです。日本にも多くの愛用者が存在します。

女性用バイアグラはアジアや日本で人気があるため、偽物も流通しています。ジェネリック医薬品は安価に購入できるのが魅力です。
しかし偽物を服用すると体調を崩すことも考えられます。ネット通販で購入する場合には、信頼できるサイトを選ぶことが重要です。